石油

このページでは、給湯器の種類のひとつ・石油給湯器について調べています。

石油【給湯器の種類】

給湯器として長い歴史を持ちながら、1970年代のオイルショックによって需要が激減した、石油給湯器。しかしその命脈は何とか保たれ、近年は貯湯タンク不要の瞬間式も登場しています。
そのメリット/デメリットを見てみましょう。

【メリット】

  • 燃焼によるパワフルな給湯が実現。
  • エコキュートなどの設置が難しい寒冷地でも活躍。
  • 日常レベルでは、給湯量に限界を感じにくい。
  • 月々の光熱費が安い。

【デメリット】

  • 給油の手間がかかる。
  • 給排気設備、灯油タンク取り付け用のスペースが要る。
  • 寿命は10年程度。
  • 石油ならではの臭いやバナー作動音がある。

エコ機器について

近年の環境保全に対する世界的な意識の高まりに連れ、石油給湯器にもエコ機器が登場しています。

  • エコフィール…従来の石油給湯器の排ガス熱を再利用するシステム。
    熱効率はアップし、月々の光熱費に直結する灯油使用量はダウン。
    またCO2の排出量を10%以上カット。低騒音化設計も進んでいる。

石油給湯器と聞くとどこか古臭いイメージがあるものですが、エコフィールなどの最新機器は、 リモコン操作はもちろん、低音出湯などの現代的な便利機能も多数兼ね備えています。

灯油の調達や補填を厭わない人にとっては、費用も安上がりで理想的な形式の給湯器といっても、過言ではありませんよ。

人気の石油給湯器をチェック!

近年人気を集めている石油給湯器の、一例を見てみましょう。

  • ノーリツ製エコフィールの画像メーカー:ノーリツ
  • 型番:OTQ-C4704AY BL
  • 本体価格:401,760円(税込み)
  • 特徴:直圧式のエコフィール。屋外据置型でコンパクト。
    専用のマルチリモコンは別売。
  • ノーリツエコフィール画像メーカー:ノーリツ
  • 型番:OTH-4701AY BL
  • 本体価格:496,800円(税込み)
  • 特徴:直圧式石油温水暖房付給湯機で、フルオートのエコフィール。
    屋内/屋外据置型の2種類がある。

石油給湯器にも対応できるおすすめ業者はコチラから!