ガス

このページでは、給湯器の種類のひとつ・ガス給湯器について調べています。

ガス【給湯器の種類】

給湯器の種類は数あれど、主流として揺るぎない人気を誇っているのが、ガスです。
そのメリット/デメリットを見てみましょう。

【メリット】

  • 日常レベルでは、給湯量に限界を感じにくい。
  • 家屋の複数の場所で一度にお湯を使用しても、安定した水圧をキープ。
  • 給湯器の設置スペースが小さくて済む。
  • 価格が比較的安価で、故障が少ない。

【デメリット】

  • 湯沸しの際に音が出る。
  • 一酸化炭素中毒を避けるため、排気システムを考慮する必要有。
  • 光熱費が比較的高額。
  • 寿命は約10年程度。

エコ機器について

近年の環境保全に対する世界的な意識の高まりに連れ、ガス給湯器にもいくつかのエコ機器が登場しています。

  • エコジョーズ…従来のガス給湯器の排気熱を再利用するシステム。熱効率はアップし、料金に直結するガス使用量はダウン。またCO2の排出量を10%以上カット。
  • エコウィル…ガスの力で給湯できるだけでなく、電気も作れる一石二鳥のシステム。
    設置にはエコジョーズの倍額が必要。
  • エネファーム…こちらもガスの力で給湯と電力を供給できる機器。
    自立運転が可能な商品もある。能力は非常に高いが、価格も数百万円台。

発電にまでこだわらないなら、エコジョーズで充分。エネファームとエコウィルは、いわゆる「コージェネレーションシステム」ですが、スペックに差があります。

またエネファームとエコウィルには、設置面積もある程度必要になると知っておきましょう。

人気のガス給湯器をチェック!

近年人気を集めているガス給湯器の、一例を見てみましょう。

  • リンナイエコジョーズ画像メーカー:リンナイ
  • 型番:RUFH-E2402AW2-1(A)
  • 本体価格:507,600円(税込み)
  • 特徴:エコジョーズで給湯、追い焚きのほかに暖房までを賄える、
    大能力な熱源機。
  • ノーリツエコジョーズ画像メーカー:ノーリツ
  • 型番:GT-C2452AWX-2 BL
  • 本体価格:416,880円(税込み)
  • 特徴:フルオートのエコジョーズ。壁掛型から据置型まで
    バリエーション豊かにラインナップ。

ガス給湯器を考えているあなたにおすすめの設置業者はコチラ!